読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何の気なしに出る言葉が本心

思ったことをひたすらに書く。それだけ。

ほんとうのじぶんって

よく耳にすること。

「本当の自分で人と接しましょう」

 

どうなんでしょうね。

車輪の回転をよくするために自転車に油をさすように、人間もありのままじゃ生きられない。絶対に。

 

人間は社会的な生き物。

仲のいい人だけで生きられるならいいかもしれない。けど、社会という枠組みの中で生きる以上、絶対に本当の自分と社会を介する「なにか」が必要なんだよね。

そもそも、最初から仲のいい人なんてまずいないし、仲のいい人であっても初対面じゃ絶対素をさらせるはずがない。

 

そりゃあ、素をさらけ出せたら楽でしょ。何も気負わず、何も背負わず。

ベルトを無理にきつく縛って、スタイルがいい「ふり」をするよりも、ベルトさえない方がしっかり息ができる。

 

だけど、

それじゃ生きていけない。素をさらけ出したくても、そっちのほうが今は生きづらいってわかっているから、素なんてさらせない。

傷つきたくないから、はりぼてでもいいから「つながり」がほしいから。

 

だから今日も、素の自分を隠すんだよね、

自分も。