何の気なしに出る言葉が本心

思ったことをひたすらに書く。それだけ。

自分を守る

自分を守るためにどうしたらいいのか。

人から見放され、手のひらを返されることが多い中で守るためには。

 

足りないところは人に任せて。自分のできること、身の丈に合ったことをする。

適材適所、慣れないことをするから嫌われる。